スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Pythonメモ書き:文字列のメソッド

まず、文字列オブジェクトの値は、不変性オブジェクトなので、そのままでは変更できない!!

そこで!

「新たな文字列を作り、元の文字列に対応する変数には代入する」

わけです。

つまり、例えば~

>>>S='python2.6'
>>>S.replace('2.6', '3.0')
'python3.0'
>>>S
'python2.6'

と、いうふうにもとの変数は変わらず、
置き換えた結果は別の文字列オブジェクトとして返る

>文字列オブジェクトの値は、不変性オブジェクトなので、そのままでは変更できない!!
っていうこと!!

で、
>「新たな文字列を作り、元の文字列に対応する変数には代入する」
っていうのは

>>>S=S.replace('2.6', '3.0')
>>>S
'python3.0'

ということ。

listというビルトイン関数を使うと

>>>L=list(S)
>>>L
['p', 'y', 't', 'h', 'o', 'n', '3', '.', '0']

リストが作成される。

これを文字列に戻したい時は

>>>s=''.join(L)
>>>s
'python3.0'

って、感じです。


○文字列の分解
スライシングで分解

>>>line='python c++ perl'
>>>prog1=line[0:6]
>>>prog1
'python'
>>>prog2=line[7:10]
>>>prog2
'c++'
>>>prog3=line[11:]
>>>prog3
'perl'

しち面倒くさいので、

splitメソッドを使って分解

>>>prog=line.split()
>>>prog
['python', 'c++', 'perl']

結果としてリストが返る
splitの引数、()にいれるもの、に分解のポイントとなる区切り文字を指定。

例のように、何も指定しないとデフォルトで「ホワイトスペース」で区切られる。


とりあえず、そんな感じ!!
スポンサーサイト
.29 2010 Python:文字列 comment0 trackback0

Pythonメモ書き:文字列フォーマット

文字列フォーマットは、簡単に言うと

「文字列に様々な型の値(オブジェクト)を埋め込む」

という操作らしい。。。。

指定した部分に、指定の型のオブジェクトを埋め込んで、新たな文字列を作ることができる。


文字列フォーマットに使用するコード
(普段、使っているのは。。。。)

%d 10進法(整数)
%f 浮動小数点数(10進法表記)

くらい。。。ま、数値処理のプログラムがメインだから、そうなんですけど。。

備忘録として

%s 文字列(あらゆる型のオブジェクトを文字列に変換)
%c 文字

くらいメモっとけば、いっかな~
.29 2010 Python:文字列 comment0 trackback0

Pythonメモ書き:文字列の利用

文字列の基本的な演算

len()は、オブジェクトの長さを戻すビルトイン(組み込み)関数。

+演算子を使うと、文字列の連結が行え、

*演算子を使うと、文字列の繰り返しが行える。


インデクシングとスライシング

○インデクシング

Pythonでは、ポジションの指定に、インデックスと呼ばれる数値を使用。

文字列の後に角カッコをおき、その中に数値(0から)を指定すると

その数値に対応する文字が1つ戻される。

負のインデックスは右から順に番号が振られる。


○スライシング

文字列のデータを分解するために行う処理。

文字列の後に角カッコをおき、その中に開始位置のインデックス抽出文字数をおき

間にコロン(:)をおく。

文字列の中から指定の部分だけが抽出される。


○3つ目のインデックス

さらにコロン(:)で区切って、3つ目のインデックスをおくと

「項目をいくつ置きに抽出するか」を指定することができる。


例えば~

>>>S = 'python'
>>>S[0]
'p'
>>>S[0:4]
'pyth'
>>>S[0:4:2]
'pt'
>>>S[0:6:2]
'pto'

って、感じ。。。。分かりづらいね
.29 2010 Python:文字列 comment0 trackback0

Pythonメモ書き:文字列

文字列は、シーケンスと呼ばれるオブジェクトの一種。

シーケンスは、いくつかの要素から構成され、

その要素が左から右に一定の順序で並べられるというオブジェクトのこと。

文字列を表すにはいくつかの書式があって、

•シングルクォーテーション
•ダブルクォーテーション
•トリプルクォーテーション
•エスケープシーケンス
•raw文字列
•Unicode文字列

なり。

シングルクォーテーションとダブルクォーテーションは同じ意味なので、

その時の気分で使ってたり。。。

あとはエスケープシーケンスも

\n 改行
\0 Null

くらいしか、正直今のところ使ってなーい。
.29 2010 Python:文字列 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

emi

Author:emi
日々、コンピューターとにらめっこしていた2010。
公の仕事に就くことを目指して教科書とにらめっこ2011,spring。
はたして2012は・・・

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。