スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

飛程

電子は物質中を進む時、その質量が小さいため
散乱により大きく方向を変える。

そのために、同一エネルギーの電子でも止まるまでの直線距離は
個々の電子により大きくことなる。
最も遠くまで届いた場合を最大飛程という。

電子の飛程をg/cm2の単位で表すと
物質によらず電子のエネルギーE(MeV)に対し

R = 0.542E - 0.133    0.8MeV < E
R = 0.407E1.38         0.15MeV < E < 0.8MeV

で近似できる。
実際に遮蔽を考える時はおおよそ R = 0.5E と考えてよい。

陽電子の場合は、物質中で止まるまでは電子と同じと考えて良いが
止まると電子と結合して消滅する。
これを陽電子消滅という。

このとき、511MeVの光子を互いに反対方向に2本放出し
これを消滅γ線という。
スポンサーサイト
.05 2011 試験:覚え書き comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://emiandkosuke.blog29.fc2.com/tb.php/154-afb78fb5

プロフィール

emi

Author:emi
日々、コンピューターとにらめっこしていた2010。
公の仕事に就くことを目指して教科書とにらめっこ2011,spring。
はたして2012は・・・

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。