スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

C語メモ書き:fgets関数

fgets()関数

行単位で文字列を読み込むときに使う。

ということはPythonの

F.readline()
F.reaklines()

と同じ機能なわけね。

char* fgets(char *str, int n, FILE *fp)

で、ファイルfpから、バッファstrに対して

n-1文字に達するか、改行まで読み出す。

ファイル終端に達するか、エラーになるとNULLを返し、

それ以外はstrを返す。

ポイント

読み込む先としてバッファを指定する必要がある。

通常はchar型の配列を使う。

そして、第二パラメータでバッファのサイズを指定。

改行文字を区切りとして読み出しを行ったときは

バッファの最後に改行が格納された状態で返ってくるトコも注意
スポンサーサイト
.28 2010 C語:関数 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://emiandkosuke.blog29.fc2.com/tb.php/40-26f35a22

プロフィール

Author:emi
日々、コンピューターとにらめっこしていた2010。
公の仕事に就くことを目指して教科書とにらめっこ2011,spring。
はたして2012は・・・

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。