スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Pythonメモ書き:Templateクラスの使い方

Templateクラスはクラスなので

テンプレート機能を使うためにはインスタンスオブジェクトを生成しなければいけない。

Templateクラスでは、インスタンスを生成するときに

文字列を引数として取る。

ファイルに書かれている文字列を引数として渡し、

Templateクラスのインスタンスオブジェクトを作るには

t = Template (open ('.tmpl.txt') .read() )


「tmpl.txt」ファイルには

以下の文字列が定義されているとする。

 ${~}という部分が置換される文字列になる

<html>
<body>
<h1>${title}</h1>
<p>${body} </p>
</body>
</html>

Templateクラスのインスタンスであるtを使い

置換結果の文字列を得るにはsubstitute()という

メソッドを呼ぶ。

このとき、メソッドの引数に置換用のパターンに埋め込みたい文字列の渡し方には二種類ある。

1、置換したい文字列を納めた辞書を渡す。

t.substitute ({'title':'The title', 'body':'This is body'})


2、キーワード引数として文字列を渡す。

t.substitute (title='The title', body='This is body'})
スポンサーサイト
.10 2010 python:テンプレート comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://emiandkosuke.blog29.fc2.com/tb.php/87-47a6eaf9

プロフィール

Author:emi
日々、コンピューターとにらめっこしていた2010。
公の仕事に就くことを目指して教科書とにらめっこ2011,spring。
はたして2012は・・・

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。